一般のお墓から永代供養墓へお骨を移す方法

一般のお墓を管理していても先々の負担を考えたり後継者がいなかったりするなどの理由で、永代供養墓へお骨を移したいというニーズも多くなっています。

お骨を移すためには、正しい方法で行わなければなりません。

たとえば、遠く離れた故郷の古いお墓を片付けてお骨を移したいと思ったり、先祖代々のお墓があるけれど菩提寺との付き合いがなかなかできづらくなってしまったので、お寺を抜けて墓地を引き上げたいと思ったりした場合です。
まず、今までのお墓がある自治体に「改葬許可申請書」を請求します。必要事項を記入してから、今までのお寺から署名、押印をもらいます。

次に、新たに納骨する永代供養墓のあるお寺から「使用許可書」をもらっておきます。これらを今までのお墓がある自治体へ行って「改葬許可証」を発行してもらいます。

そして、今までのお墓のお寺で「御霊抜き」を墓前で読経してもらいます。

遺骨を取り出しますが、墓地の整理も後々必要になるので、石材店に相談をしましょう。

その後、永代供養墓がある新しいお寺へお骨と「改葬許可証」を持参します。

このような流れで、永代供養墓への納骨、または、合祀が完了します。

livedoorニュースのお役立ち情報はこちらのサイトです。

これまでのお墓からお骨を移す方法は、こういった正しい方法で行うのが一般的です。



新旧それぞれの住職にも、事前に相談や打ち合わせをしておくとスムーズに行くようになります。



いずれにしても、しっかりとした供養を行った上でお骨を移すことが大事です。