現代の永代供養墓の形について

 永代供養とは、本来はお墓参りに行けない方に代わってお寺の住職や霊園の管理者が自分のお墓を30年から50年の長期間(=永代)にわたり管理・供養してくれる埋葬方式です。
これまでの永代供養墓では、各家のお墓がありそれを管理することが主流でしたが、現代においては少子高齢化や家族環境の変化によって埋葬方法も変わってきています。


永代供養墓にも複数の種類が存在しています。
それぞれの家ごとのお墓をもつのは個別安置型と言われており、通常のお墓と同じように墓石を立てて骨壷は個人ごとに分けて納骨します。



そして特定の期間が過ぎるなどすると、合祀型に移ることがほとんどです。
このような合祀型では、境内にある共同墓地に遺骨や位牌をおさめ合祀する永代供養の方法は以前からありますが、最近ではマンションタイプとも呼ばれるお堂の中をスペースで区切った区画数の多い納骨堂もあります。

この背景には、“故人の遺骨が血縁のない人の遺骨と混ざることが望ましくない”と答える人が増えていることもあります。



また、従来の墓石を使ったものよりも省スペースかつ比較的安価で作れるという特徴があります。

内部で骨壷が自動搬送されることや、専用のカードなどで認証をとるなど、従来の永代供養墓のイメージから大きく外れるものもありますが、現代社会を反映した変遷ととらえることもできます。

鋭い観点からOKWaveの情報を公開しています。

さらに、中にはインターネットを利用してお参りができるサービスを提供するとこともあり、埋葬される側だけではなく墓参りに行く側のスタイルにも影響を及ぼしています。