永代供養墓の希望に応じた選び方

永代供養墓の選び方は、自分がどのような希望がありどんな環境であるかによっても変わってくるので、自分の希望を明確にすることが第一です。


まず、お墓の管理や負担を子供に残したくないという場合であれば、選ぶ際に場所も絞り込む必要性が出てきます。

自分の意志とは別に、子供がお墓の管理費やお布施、寄付などの金銭の負担がない場合には、都合次第ではお墓参りをしてくれるからです。
次に、お墓に高いお金をかけたくない希望が強い場合には、合祀のお墓や納骨堂でも問題ないと思うようになるでしょう。



料金を最優先で選ぶことになりますので、合祀墓、納骨方法が合祀の方式になりさらに安い費用で済みます。



そして、子供や身内が居ない、子供が嫁いでしまったので後継ぎが居ないなどの理由でお墓を継げない場合です。
そんな場合には、自分の気に入った環境や立地など好みに応じて永代供養墓を選ぶことで自らも安心感が得られます。

47NEWSを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

海の見えるお寺にあるお墓が良いとか、日本全国のどこからでも探すことは可能になります。

このように、永代供養墓を選ぶ際には、自分の希望をまず明確にすることが大事です。

そして、どんなニーズの場合であっても、責任を持って永代にわたって供養してくれる永代供養墓を選ぶには、それだけ信頼が得られるお寺を選んで行きましょう。
そのためには、お寺に出向いて見学をすることだけではなくお寺の住職と面談をしておきましょう。不明な点や聞いておきたい点を充分に聞いて納得をした上で決めるようにするのが、堅実な永代供養墓の選び方になります。