最近人気の高い樹木葬とは

日本ではこれまでお墓を所有するためにはお墓を継承する人がいることが前提となっていました。
これは結婚によってその家が代々続いていくことを前提としている仕組みであり、現在のように独身者や核家族化が進んだ状態では、お墓を購入しても必ずしも継承してくれる家族がいるとは限りません。そこで現在人気の高い樹木葬という形が現れ人気が高まっています。


これは自然葬の一種で、家や信仰する宗教にとらわれることなく埋葬することができます。樹木葬を行う場所はどこでもよいわけではなく、行政の許可を取得した霊園や墓地などに遺骨を埋葬するというもので、遺骨を粉砕して海や山などにまく散骨とは異なります。



樹木葬は基本的に墓の継承者がいなくても永代供養により弔ってもらうことができます。


さらにその地域によっても異なるのですが、墓地を購入して墓石を建てる場合と比較して費用がずっと安価ですむことも人気を得ている理由のひとつです。

OKWave情報サイトを利用しましょう。

年間管理費なども特にかからない場合が多いため、自分が死んだ後に遺された遺族に負担をかける心配もありません。



墓標の代わりに樹木葬に使用されるのは一般的に低木で花が咲くものが使用されます。

ハナミズキや百日紅、山つつじなどのほかにもみやブナ、カラマツなどの広葉樹や楠木などの常緑樹を使用するところもあります。
家族のあり方が多様化している現代社会ではお墓に対する意識が大きく変わるのももっともなことであり、樹木葬の人気が高まっていることもそうした社会的な背景に大きく影響を受けているものです。