樹木葬とはどのようなものか

従来は、亡くなった人の遺骨は墓石を使った先祖代々のお墓に埋葬されるのが通例でした。しかし最近では、少し違った方法で亡くなった人を葬送するケースも増えてきているようです。

よく耳にするのは、例えば海や山などにパウダー状にした遺骨をまく「散骨」といった方法です。
そんな新たなスタイルの葬送方法の一つに、「樹木葬」というものがあります。


樹木葬や散骨などは、「自然葬」という葬送方法に分類されます。


その名の通り、遺骨を自然に還していきます。

Weblio辞書情報を調べられるこのサイトはオススメです。

その中でも樹木葬は、端的に言うと「墓地として認可を受けた場所で、墓石を使う代わりに樹木を墓碑として埋葬する葬送方法」のことです。まず、「墓地として認可を受けた場所」という条件があります。

山への散骨と混同されることもありますが、こちらは墓地として認可されていない場所への埋葬なので、法律に触れてしまいます。



樹木葬の場合は、埋葬の場所が墓地であることが前提なので、法律に触れない形で自然に還すことが可能です。また、それ以外のメリットもいくつかあります。

一つは、管理が容易である点です。


自然に還すことが目的の一つなので、手入れや管理があまり必要になりません。
お墓の後継者がいないという人も最近では多くなっているので、この点が人気を集めています。

また、墓石を建てるよりも費用も安く済みます。
先祖代々のお墓に入ることに抵抗が強い人などに人気があります。

このように、お墓を立てる負担も管理の負担も少ない樹木葬は、誰にも迷惑をかけずに自然に還っていけるため、人気が徐々に高まっています。
扱う寺院や霊園も今後増えていくことが予想される、注目度の高い葬送方法です。